2007年11月06日

ダンスホールレゲエ

VICP-63637.jpgVICP-63637.jpgVICP-63637.jpgVICP-63637.jpgVICP-63637.jpgVICP-63637.jpgVICP-63637.jpgVICP-63637.jpgダンスホール・レゲエ(Dancehall Reggae, または略してダンスホールDancehall)は、1979年頃に、イエローマン、スーパーキャット、ブロ・バントンなどのDJによって開発された、ジャマイカのポピュラーミュージックのひとつ。るんるんるんるん ダンスホールは、転調や展開のほとんどないリディムに即興で言葉を乗せて歌ったりトーストしたりするDJが代表的スタイルであるが、一方同様のリディムでシンガーが歌を歌ったものもダンスホールと呼ぶ。したがってはっきりと定義できるような概念はないようですCD ダンスホールのリズムはレゲエよりもはるかに速く、ドラムマシンがバンドの演奏に取って替わった。初期のダンスホールの歌詞には、スラックネス(下ネタ)がよく見られ、ジャマイカの若者の間で非常にポピュラーになった。 日本のレゲエDJならケンティGとかのスラックス多いよねわーい(嬉しい顔)
posted by ラガ男児 at 00:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | レゲエ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。